ガラス窓の粘着紙は防風性がありません

風を防ぐために粘着紙を貼るのは間違った考えです。一般的に、家のガラス窓は大きくなく、より均等に応力がかかり、より大きな風に耐えることができ、強風によるひび割れが起こりにくいです。また、通常のガラスは6mmの厚さで割れにくく、せいぜい割れが発生します。ガラスが破損する主な理由は3つあります。強風が通りの砂や破片を吹き飛ばしてガラスを壊します。風速が速すぎるとガラスと共鳴してガラスが粉々になります。ガラスは硬い物体です。強風で吹き飛ばされるとガラスが曲がったり、変形して壊れやすくなります。この場合、粘着テープを貼ってもガラスの破れを防ぐことはできないため、実際には粘着テープの風を防ぐ効果は大きくありません。

 

粘着紙はガラスの破損を防ぐことはできませんが、主な目的は人への危害を減らすことです。窓ガラスが割れると、粘着テープが割れたガラスを固定して割れが大きくなるのを防ぎます。また、ガラスの破片を貼り付けて、家の中の人や通りの歩行者をはねかけないようにし、損傷を最小限に抑えます。したがって、粘着テープは依然として有効であり、天文台はまた、風が吹いているときに一般の人々がガラス窓に粘着テープを貼ることができるようにすることを推奨しています。

 

參考記事:颱風 圓規 家居防風措施